求職者の方へ

よくあるご質問

1.CADの勉強は難しくないですか?
パソコンの基礎操作から始め、CADソフトウェアを使用しての図面の書き方を基本から訓練するので、初心者の方でも安心して受講することができます。
2.訓練を申し込む前に施設を見学できますか?
当校では、再就職を目指して職業訓練の受講を希望される方を対象に、訓練内容の説明と施設見学を実施しておりますので、入校後の訓練内容とのミスマッチを無くすためにも、ぜひご参加ください。
3.誰でも訓練を受講できますか?
雇用保険受給資格者の方で、公共職業安定所長の受講指示を受けられる方、雇用保険受給資格者ではない方で、公共職業安定所長の受講推薦を受けられる方が対象者となります。
4.女性でも訓練を受講できますか?
受講できます。また、現状でも多くの女性が訓練を受講されています。
5.受講申込は、どうすればいいのですか?
応募は、居住地を管轄する公共職業安定所(ハローワーク)にご相談のうえ、「受講申込書」を公共職業安定所へ提出してください。(受講申込書は、最寄りの公共職業安定所にございます。)
6.選考はどのように行われるのですか?
訓練の受講要件を全て満たしているかの確認するため、筆記試験及び面接を実施し、公共職業安定所と協議の上で受講決定いたします。
7.受講費用はどうなりますか?
受講料は無料です。ただし、個人の所有になるテキスト(約12,000円程度)については、自己負担となります。
8.訓練は平日のみ実施しますか?1日の訓練時間はどうなっていますか?
訓練は平日(訓練休を除く)に実施しています。
1日の時間割は原則として9時20分から15時40分までの6時限となっています(1時限は50分)。
9.訓練中に手当等はもらえますか?
雇用保険受給資格者の方が、公共職業安定所長の指示を受けて訓練を受講した場合は、雇用保険の失業給付が支給されます。雇用保険を受給できない方も一定の要件を満たす場合は、職業訓練受講給付金が支給されます。詳しくは、居住地を管轄する公共職業安定所にご相談ください。
10.秋田職業能力開発短期大学校までの通学方法はどうなりますか?
通学は、公共交通機関の利用が原則ですが、自家用車、自転車及びバイクの通学も可能です。雇用保険受給資格者の方で、公共職業安定所から受講指示を受けた方については、合理的、経済的経路により算定された通所手当が支給されます。但し、支給金額には上限があります。自家用車、バイク及び自転車での通学の場合、一定の距離以上の条件を満たせば一定額の通所手当が支給されます。雇用保険受給資格者以外の方について、通所手当の支給有無は、居住地を管轄する公共職業安定所にご相談ください。
11.訓練中はどんな服装をすれば良いですか?
作業服は特に定めていませんが、訓練に支障をきたさないような良識的な服装を心がけてください。ただし、履物に関しては、安全上からもサンダル履等は避け、かかと部分が覆われているもの、または紐があるものを履いてください。
12.食堂はありますか?
校内に学生食堂があり、メニューとしては日替わりランチ、麺類、カレーライス等があります。弁当持参の方は、指定の教室で食事をすることができます。
13.訓練期間中に欠席した場合はどうなりますか?
欠席する場合は、指定した届出等を提出していただくことになります。また、私用で欠席した場合等は手当の支給(対象者のみ)が減額されます。なお、総訓練時間の80%以上出席しないと修了証の発行ができません。
14.就職状況は、どうなっていますか?
平成25年度の就職率は約81.5%となっています。就職先の地域としては、秋田県北地域が中心です。
15.訓練を受講すると、どんな資格がとれますか?
訓練期間中に受講生の皆さんが習得した技能を活かして、次のような資格にチャレンジされています。
  • 初級CADトレース技士
  • CAD利用技術者(1級、2級)
  • 第二種電気工事士
その他質問等があれば、どこに連絡すれば良いですか?
訓練全般についてのご質問は、秋田職業能力開発短期大学校の学務援助課アビリティ訓練係(TEL 0186-42-5700)へお問い合わせください。また、雇用保険関係については最寄りの公共職業安定所へお問い合わせください。

お問い合わせ先

秋田職業能力開発短期大学校 学務援助課
TEL : 0186-42-5700(代表) FAX : 0186-42-5719
Email: gakumu@akita-pc.ac.jp